知っておきたい!ドライアイになりにくいパソコンの使い方

パソコンやスマートフォンの普及によって目または眼に関するトラブルが急増しています!気を付けましょう!
MENU

知っておきたい!ドライアイになりにくいパソコンの使い方

パソコン
仕事等で朝から晩までパソコンを使っていると目の調子が悪くなってしまうことがありますが、中でも大変なのがドライアイになってしまうことです。

 

ドライアイは瞬きの回数が少ないと起こるので、きちんと瞬きをすれば起こることはあまりないです。

 

そのためあまりパソコンに集中し過ぎずに偶には目を休ませることが大切ですが、仕事で忙しい場合にはそう上手く行かないこともあります。

 

その場合にはドライアイになりにくいようにパソコンを使うのが良く、そのためにはどうすれば良いかをよく考えることが大切です。

 

パソコンを操作する場合には画面が目の高さよりも上に来ている場合がありますが、この状態だと上目使いと言う形になってしまうので目が乾燥しやすくなってしまうのです。

 

目が乾燥してしまうと大変なことになるので、これを阻止するためにも上目使いにならないように工夫する必要があります。

 

つまり画面の高さを目の高さよりも低くすれば良くこれだけでドライアイになることを防げる確率が高くなるので、目が乾いて困っている人はこのことに十分注意すれば良いのです。

 

また画面から目を離すと言うのもとても大切なことで、なるべく正しい姿勢でパソコンを操作することを心掛けることが重要です。

 

最近ではパソコン用メガネが販売されていて種類も豊富にあり、このような眼鏡をすることでドライアイになることをある程度防ぐことができます。

 

このようにパソコンの使い方によってドライアイになるのを防ぐことができるので、どうしたら目の乾燥を防ぐことができるのかよく考えることが大切です。

このページの先頭へ