近視でも老眼になる?

パソコンやスマートフォンの普及によって目または眼に関するトラブルが急増しています!気を付けましょう!
MENU

近視でも老眼になる?

老眼
近視の方は老眼にならないとよく言われています。

 

しかしこの説は間違っています。近視の方でも老眼になります。

 

但し軽度の近視の場合は老眼になっても気づかないことが多いです。

 

これが重度の近視のケースでは遠近両方にわたって症状が表れます。

 

そして、近視自体はまだ完全な治療法は確立されていないのが現状です。

 

眼鏡
そのために眼鏡やコンタクトレンズの使用によります矯正方法が主流を占めています。

 

 

また老眼に関しては個人差がありますが、眼の老化は子供の頃から始まると医学では言われています。

 

しかし普通は成人の40歳ぐらいから自覚症状が出てきまして、65歳ぐらいで進行が止まります。

 

老眼治療についてですが、老眼鏡をかけることが一般的になっています。

 

このように既製品で売られています老眼鏡ですが、このことに関しての効果は個人差があります。

 

老眼治療で最も良い方法は眼科医での視力検査及び眼とレンズの焦点を合わせる眼鏡の処方箋を作ってもらうことです。

 

このように眼科医によります眼鏡の処方で眼鏡店で老眼鏡を製作して頂くと、長時間使っても眼に負担のない眼鏡を身に着けることができます。

 

 

また他の老眼治療のやり方としましては市販のサプリメントの服用も効果があると言われています。

 

しかし、サプリメントにしましても効果があるかどうかは個人差があります。

 

 

このような理由からしまして、老眼による眼の疲労をとり除くためには専用の目薬も開発されています。

 

以上老眼治療に対しては、老眼鏡、目薬、サプリメントの三つの物を組み合わせて取り組むとおおいなる効果が期待できます。

このページの先頭へ